みなみ野のタイムカプセル

 みなみ野地区の開発が始まると、みなみ野の文化を伝えるための色々のものが「タイムカプセル」に入れられ埋められました。  
 みなみ野地区の起工式の年から25年経過した時点で「タイムカプセル」が開かれることになっております。
 平成26年は丁度25年目となり「タイムカプセル」を開く年です。

1.タイムカプセルの開封

 タイムカプセルは下段にて紹介してありますように、平成26年6月25日(水)に開封されました。それらの一部は
       
「みなみ野分館祭り」  
 にて紹介されました。

 また、25周年を祝い
       「みなみ野フェスタ2014」
 が開催されました。

2.モニュメント

 
平成27年4月21日に見に行きますと、下の写真のようにダイヤモンド型のモニュメントが再設置されていました。   
 記念の文字が無垢の部分の側面に新たに刻まれていました。
 内容は現状の八王子ニュータウンの面積・人口等の概要(写真1)及び記念式(みなみ野フェスタ2014)開催の紹介(写真2)です。

   
 平成27年3月11日の写真(モニュメントがありません)  新たに記念文字が刻まれました(写真1)
   
平成27年4月21日の写真(モニュメントが再設置されました) 新たに記念文字が刻まれました(写真2) 


3.タイムカプセル

 <何処に埋められているのでしょうか?>

 みなみ野一丁目の「みなみ野丘公園」に有ります。
  皆さん行って見てきて下さい。
  下記写真にて紹介いたします。

   
 この階段の上にあります  見晴台とタイムカプセルの位置を示す
       ダイヤモンド型のオブジェ      
 タイムカプセルの由来等が書かれています

 <タイムカプセルには何が入っているのでしょうか?>

  それは秘密です。

 <タイムカプセルは平成26年の何時開けられるのでしょうか?> 

  秋ごろの予定でしょうか?
  八王子みなみ野地区の記念すべき大きなイベントととして開催される予定です。

 <タイムカプセルに大きな動きがありました!>

  6月25日(水)の10時から「みなみ野丘公園」において、タイムカプセルの開封工事が行われました。
 タイムカプセルは平成元年10月に行われた「南八王子土地区画整理事業」の起工式に先立ち、
 近隣町会・八王子市・UR・小学校児童により提供された記念品をタイムカプセルに収納したものです。
 収納庫はダイヤモンド型のオブジェの下に、鉄板で密封され、その周りをコンクリートで覆ってあり、除湿剤も入れられていて、
 非常に良い環境で保存されていました。
 これらの収納品は10月4日~5日の「みなみ野分館まつり」で一般公開される予定です。

  楽しみにしておいてください。

 「平成元年が掘り出された」様子です。

このダイヤモンド型のオブジェの下に
収納庫があります 
 鉄板で密封された収納庫  「あった!あった!」

掘り出された「平成元年」、衣装ケース36個・1086点  「これ、お爺ちゃんが入れたの?」
世代を超えて話が弾みます

 「みなみ野分館まつり」が楽しみです。